理系20代の日常レポート

「こんな情報が知りたい!」と自分が思ったことを本能の赴くままに書いてみようと思います。カメラ/旅行/家電/日常/科学関連の話題が多めです。

20代共働き夫婦が就業不能保険を検討中なので各社比較を行いました

f:id:microbiologist:20171119015544j:plain

近いうちに子どもを持ちたいと考えていることから、まだ子無し28歳夫婦ですが保険に加入することにしましたよん。出産関係のトラブルにも対応できるように、妊娠前から保険加入しておこうという作戦です。

 

なお今回の保険の目的は「家計破綻を防ぐ」ことです。

そのため

  1. 加入する保険は就業不能保険収入保障保険先進医療保険に限定
  2. 医療保険やがん保険、貯蓄型保険は一切不要

 

という戦略で保険を検討することにしました。医療保険やがん保険は家計破綻を防ぐ目的の保険ではないと判断したからです。これらは「家系をマイナスにしないための保険」と私は結論付けました

 で、調べてみたところ各社の就業不能保険の特徴や差別化ポイントがめちゃくちゃ分かりにくかったので、今回はその中でも私たちが加入してもいいかな~と思えたおすすめの就業不能保険を紹介したいと思います。2017年11月現在の情報ですのでご了承くださいね。

 

 

そもそも就業不能保険とは??

就業不能保険は「生き続けるリスク」に対する保険のことです。「病気やけがで長期間あるいは一生働けない状態になった、でも生きている」そういう場合に、あらかじめ設定しておいた年齢(60歳±10歳くらいが普通)まで毎月数万円~数十万円が支給され続ける保険です。

 

医療保険との違い

  • 入院だけでなく自宅療養でも支給される
  • 支給される日数が超長期的である点
  • 短期入院だと保険金が一切支給されない点

 

が医療保険と異なります。 医療保険は入院していなければ支給されないのと、普通数十日程度以上の長期入院には支給されません。医療保険って先進医療特約を除けばマジお金の無駄だと思う...。

 

介護保険との違い

  • 要介護状態以外の状態 (例:心臓にペースメーカーを埋め込んだ) でも支給される点 (ただし商品によって保障範囲が全然違うので注意)
  • 設定しておいた年齢になると支給がストップされる

 

が介護保険と異なります。介護保険は死ぬまで支給されますので、名前の通り介護だけに特化した保険です。

 

私たちは子どもが大学院まで行って一人立ちさえしてくれれば年金支給がストップしてもなんとかなると判断しましたので、今回は介護保険ではなく、保障範囲の広い就業不能保険に加入することにしました。

 

アフラック「給与サポート保険」

f:id:microbiologist:20171119020021j:plain

まず他社よりも優れていると感じた就業不能保険の一つがアフラックの「給与サポート保険」です。

 

就業不能保険は保険料よりも、「何がどうなったら『就業不能状態』と認定してくれるのか」という保障範囲と基準が最も重要です。

 

アフラック「給与サポート保険」はその点が他社よりもかなりはっきりしていました。

  • 入院、自宅療養問わず、医師の管理下において治療に専念している
  • 障害年金の障害等級1級または2級に認定されている状態
  • ただし精神疾患は支給対象外

 

この3点です。なおこの条件を満たし続ける限りは復職しても支給が継続されるそうです。

 

デメリットは精神疾患が支給対象外である点ですね。就業不能状態になる原因の1位はぶっちぎりでうつ病などの精神疾患と言われていますので、そこは承知しておかなくてはいけません。

 

ちなみに28歳男性、60歳まで毎月17万円年金支給の条件で3466円でした。

 

ソニー生命「生活保障特則14付家族収入保険」

f:id:microbiologist:20171119024025j:plain

ソニー生命の収入保障保険に特約として就業不能保険をくっつけた「生活保障特則14付家族収入保険」も「何がどうなったら『就業不能状態』と認定してくれるのか」という基準がはっきりしていておすすめできます。

  • 高度障害状態になったとき (失明、手足切断、言語機能喪失など)
  • 身体障害者手帳1級、2級、3級のいずれかの交付を受けたとき
  • 要介護2以上の状態になったとき

 

この3点が基準です。アフラックの給与サポート保険は「障害年金1級2級」でソニー生命は「障害者手帳1級~3級」が基準となっています。微妙に両者で違いますがおおよそ同じような状態になったら支給されると思っていいと思います。

 

障害者手帳は公的福祉サービスなので、障害年金よりも発行されやすいという噂もあるようですが本当のところはどうなんでしょ....??

 

この保険も上記条件を満たし続ける限り復職しても支給が継続されます。

 

また上記の状態を満たせば「精神疾患でもOK」とソニー生命の営業さんは言っていましたが、精神疾患で上記を満たすことはまず無いのでその点は注意です。精神疾患で身体障害者手帳は発行されませんしね (発行されるのは「精神障害者手帳」)。

 

さらに最大のデメリットは生命保険である収入保障保険の特約としてしか契約できない点です。将来的に生命保険だけを解約して就業不能保険を残すということができません。また生命保険は最初から不要という場合は「生活保障特則14付家族収入保険」はニーズと合致しないでしょう。

 

ちなみに28歳男性、60歳まで毎月17万円年金支給の条件で5831円でした。生命保険+就業不能保険の合計ですし保障範囲を考えるとまぁまぁ安い方かもという感想です。

 

その他就業不能保険

アフラックの営業さんが「東京海上日動の就業不能保険が一番いいですよ。ウチの商品よりもおすすめできます」と言っていたのですが、HPを見ている限り東京海上日動さんの就業不能保険のメリットがあまり見出せませんでした。「あらゆる職業に就けない場合に支給」というのはかなり条件が厳しくないですか...?

 

面談依頼したので今度東京海上日動の営業さんに話を聞いてきます。また加筆しますねー。

 (追記) アフラックの営業さんの勘違いでした。東京海上日動あんしん生命の就業不能保険はうつ病に非対応です。

 

またそれ以外の会社の就業不能保険はこんな感じの印象を持ちました。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新総合収入保障III型」

f:id:microbiologist:20171119024749j:plain

ソニー生命と同じく、生命保険である収入保障保険に就業不能保険がくっついた保険です。保険料はソニー生命よりも若干安いですが、保障範囲はソニー生命のほうが若干広いです。

 

<介護>
要介護2以上の状態と認定された時 (ケガ含む)
満65才未満で所定の生活介護状態が180日続いた時

<障害>
障害等級1級に認定された時 (ケガ含む)
約款所定の特定障害状態と認定された時

<就労不能>
特定の疾患が原因で障害等級2級に認定された時 (ケガ含まない)
約款所定の就労不能状態と認定された時

 

保険料の安さをとるならこの保険、保障範囲の広さをとるならソニー生命を選べば幸せになれるでしょう。とても良い保険だと思いましたが、ケガによって障害等級2級に認定された場合に保険が下りないのが怖くて私達は候補から外しました。

 

ライフネット生命「働く人への保険2」

f:id:microbiologist:20171119025009j:plain

「病気やけがで、入院または在宅療養している場合に支給」と補償範囲が広いのと、保険料が安いのがメリットですが、基準が曖昧すぎて有事の際に支払い拒否されそうで不安。また復職すると支給ストップする点は注意です。ちなみに就業不能保険単独としては私がアフラックの次に優れているなと思った保険です。

 

住友生命「生活保険 1UP」

障害年金1級か2級に該当すれば精神疾患も対象範囲内なのが最大のメリットですが、就業不能中に年金が毎月支給され続けるのではなく一時金として数百万円支払われる(精神疾患の場合のみ)というのがやや不満です。超長期的に精神疾患に罹患した場合に対応できないやん...。あと保険料が高い。

 

朝日生命「収入サポート保険 メンタル疾患特約」

精神疾患も保障範囲対象に出来る特約をプラスできますが、「60日以上の入院が必要」なのが非現実的...。

 

チューリッヒ生命「くらすプラス」

精神疾患も保障範囲内ですがやはり「60日以上の入院が必要」ですorz また年金支払いが最長10年間に限定されているため家計破綻を防ぐという私たちの目的には合致しない。

 

さいごに

ざっと比較してみました。会社ごとに支払い基準がバラバラすぎますので一概に保険料だけで決めるのは避けるべき、というのが私の感想です。ざっくりとした比較だったので、気になる保険は各社HPでご確認くださいね。

 

私達夫婦はやはりアフラックかソニー生命に加入する予定です。頭がパンクしそうなのですが、もうちょっとだけがんばりまっす!笑