理系20代の日常レポート

「こんな情報が知りたい!」と自分が思ったことを本能の赴くままに書いてみようと思います。カメラ/旅行/家電/日常/科学関連の話題が多めです。

ゼンハイザーPXC 550 WIRELESSがMDR-1000XM2とQuietComfort35よりも優れている理由【Bluetoothノイズキャンセリングヘッドホン】

f:id:microbiologist:20171015173108j:plain

妻がBluetoothのノイズキャンセリングヘッドホンであるゼンハイザー「PXC 550 WIRELESS」を購入しましたので、少し借りてレビューしてみたいと思います。

 

実は10年くらい前に5000円程度のONKYOの有線のノイズキャンセリングヘッドホンを購入してみて「ノイズキャンセリングヘッドホンはクソだな」と思っていました。でもこの機種はBluetooth (=ワイヤレス) なのにノイズキャンセリング機能も音質も最高でしたよ!びっくり!!

 

ということで、今回はなぜ妻がゼンハイザー「PXC 550 WIRELESS」の購入に至ったのか、他機種と比較しながら説明します。

 

購入の経緯

妻から「家事しながらテレビの音声や音楽がクリアに聞けるようにしたい。でも音量を上げるのは耳が悪くなるからイヤだ」と悩み相談を受けて私が提案したのがBluetooth (=無線) のノイズキャンセリングヘッドホンでした。

 

  • 有線だと家事がし辛い→Bluetoothで無線にしちゃえばいいじゃない
  • ノイジーな環境でもクリアな音環境→密閉型のノイズキャンセリングヘッドホンにしちゃえばいいじゃない

 

という作戦です。

 

ノイズキャンセリングの性能と使い勝手のバランスはピカイチ 

ゼンハイザー「PXC 550 WIRELESS」を実際に試聴してみたところノイズキャンセリングヘッドホン性能の高さと使い勝手に驚きました。

 

同価格帯として競合する他社製品としてソニーの「MDR-1000X」と後継機の「MDR-1000XM2」、それからBoseの「QuietComfort35」が存在します。

 

ノイジーな家電量販店で全てノイズキャンセリング機能を試してみた結果....

 

1. ノイズキャンセリング能力

 1位:Bose QuietComfort 35

 2位:ゼンハイザー PXC 550 WIRELESS

 3位:ソニー MDR-1000XM2MDR-1000X

 

という風に感じました。

 

QuietComfort 35は10年前のクソヘッドホンからは考えられないほど圧倒的なノイズキャンセリングでした。

 

またSENNHEISERのPXC 550 WIRELESSQuietComfort 35に半歩劣るものの十分感動できるノイズキャンセリングでした。

 

一方、SONYのMDR-1000Xと後継機のMDR-1000XM2は単独で試聴すると満足できましたが、BOSEとゼンハイザーのノイズキャンセリングヘッドホンを試聴した後だと「あれ?ショボくね??全然外界の音が普通に聞こえるけど...」という感じでした。

 

これに関しては妻も同意見でした。

 

2. ノイズキャンセリングの使い勝手

 1位:ゼンハイザー PXC 550 WIRELESS

 2位:ソニー MDR-1000XM2MDR-1000X

 3位:Bose QuietComfort 35

 

Bose QuietComfort 35はノイズキャンセリングをオフに出来ません。常にオンの状態にしか出来ないということです。妻は「常にノイキャン状態は困る」とのことで本機種を候補から外していました。

 

またSONY MDR-1000XM2MDR-1000Xはノイズキャンセリングをオフに出来ますが、手動でノイズキャンセリングの出力を調節することが出来ません(シーンに合わせて自動で調節してくれるみたいですが)。妻的には出力が手動で調節出来ないのも困るそうで、そういう点から本機種も候補から外していました。

 

一方、ゼンハイザー PXC 550 WIRELESSはノイズキャンセリングをオフに出来ますし、ノイズキャンセリングの出力を手動で調節することも可能です。

 

以上の結果から、音質はさておき、妻のニーズを満たし、ノイズキャンセリングの性能と使い勝手のバランスが取れているゼンハイザー PXC 550 WIRELESSを購入することにしたのです。

 

音質もさすがゼンハイザー!

f:id:microbiologist:20171015174251j:plain

肝心の音質ですが、さすがヘッドホンメーカーの雄であるゼンハイザーの製品です。Bluetoothですがそれを感じさせない良質な音を奏でてくれます。

 

ただ密閉型ヘッドホンですので、どうしても開放型ヘッドホンであるゼンハイザー HD 650などには全体的な音質で明らかに負けているのは否めません。しかし密閉型ヘッドホンとしては非常にレベルが高く、良好な音質です。

 

有線か無線かというよりは密閉型か開放型かの違いが大きいですので、例え有線でも密閉型ヘッドホンはイヤだという音質厨の人には少し厳しい機種かもしれません。そんなこと言ってたらノイズキャンセリングヘッドホン自体が候補から外れると思いますがw

 

また本機種ですが特に高音の美しさが際立っています。ゼンハイザーってやっぱり艶のあるエロい音を奏でてくれますよね笑

 

あくまで好みなのであまり他社メーカーのヘッドホンと比べたくないのですが、私の好みとしては、

 

 1位:ゼンハイザー PXC 550 WIRELESS

 2位:ソニー MDR-1000X

 3位:ソニー MDR-1000XM2

 4位:Bose QuietComfort 35

 

という順位で音質が良いと感じました。低音のドスが強く利いている機種が下位になっています笑。この順位はやはり好みですのであまり参考にしないでください。

 

まとめ

私も「Bluetooth (=ワイヤレス) は音質が悪い」と馬鹿にしていましたが、使ってみると有線と無線の音質の違いはほとんど感じられませんでした。それ以上にワイヤレスの利便性に感動しているくらいです。

 

ヘッドホンだけでなくイヤホンもそうですが、有線って結構ストレスですよね。ワイヤレスを馬鹿にせず、一度手を出してみることをオススメしますよ☆

 

「ワイヤレス=音質がクソ」というのは、あくまで昔の話なのかもしれません。

 

ちなみに私の最近の悩みは、妻がヘッドホンをしていると呼びかけても全く聞こえないらしく、こちらに気づいてくれないことです^^;

 

<PXC 550 WIRELESSのスペック>

型式 : ダイナミック、密閉型
周波数特性 : 17~23,000Hz
インピーダンス : 490Ω/46Ω(アクティブ/パッシブ)
音圧レベル : 110dB
質量 : 約227g
無線規格 : Bluetooth4.2
サポートプロファイル : AVRCP+A2DP+DIP+HSP+HFP
対応コーデック : apt-X,SBC,mSBC,CVSD,a-Law,u-Law
動作時間 : 約20時間(Bluetooth+ノイズキャンセリング使用時)
充電時間 : 約3時間
接続ケーブル : 1.4m スマートフォン対応マイク付きリモコンケーブル(L型ステレオミニプラグ)
付属品 : リモコンケーブル、キャリングケース、航空機変換アダプター、USBチャージングケーブル、6.3mm変換プラグ
その他の機能 : 折たたみ可能、ノイズキャンセリング機能